桜色の魚

春ですね。

ミニ女川丼
仕事でおかせいさんに寄ったので、ついでにお昼。

旬の小女子(こうなご)、めかぶ、桜色の魚たち。
ミニ女川丼。

ごちそうさまでした(๑´ڡ`๑)

 
あ、申し遅れました。
2014年3月に神奈川から女川へ引越してきました、
まっちゃんと申します。

「あがいん おながわ」プロジェクトのネットショップとブログの担当をしております。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 
こちらはおかせいさんで販売されていた魚たちです。

毛ガニはまだ動いていて、ぶくぶく泡を出していました。

毛ガニ
 
のどぐろは赤い魚の方です。

のどぐろ
別名ユメカサゴ。
関東や他の地域でのどぐろと呼ばれているのはアカムツのことで、全然違う魚だそうです。

 
養殖して食べられるようになるまで3年かかるホヤは、震災後、今年やっとお店に並び始めました。

ホヤ
さて、お昼におかせいさんでのどぐろの別名を聞いて、
夕方には忘れてしまった私。。。
海鮮問屋の青木やさんに聞いてみたら、すぐに教えてくれました。

女川には魚に詳しい人や目利きがたくさんいます。
 

一昨日、実家とおばあちゃんちに旬の鮮魚と
「あがいん  おながわ」認定商品を詰合せにして送ったら、
昨日母と祖母から「届いたよ」と電話がありました。
 
 
牡蠣はバター醤油ソテーに、小女子は生で食べたそうです。
「生の小女子は臭みもなくて、牡蠣はぷりぷりしていて、どちらもおいしかったよ!」と。
喜んでもらえたようでよかったです^^
 
そんな旬の鮮魚は是非女川に食べに来てください♪
 
そして、女川の目利きたちが作ったおいしい水産加工品は、
「あがいん おながわ」のネットショップでお買い求めいただけます☆

http://store.shopping.yahoo.co.jp/onagawa-again/

ご自宅用にも。

大切な人への贈り物にも。

どうぞ皆様ご利用くださいませ。